皮貼り

師走と言うのに春を迎えるような暖かい日。  しかし、週末から又12月の冬らしい厳しい寒さが来るようです。

気候、気温の大きな変動で身体がついて行けませんが、三味線(三絃)の皮もアチコチで悲鳴を上げています。

皮の貼り替えが一気に増えました。

ケースの蓋を開けて、湿気と乾燥を調整して下さい。  なにより皮にとって良いのは、バチを当て、音を出し響かせてあげることですネ。 そー  練習が皮にとって最も良い保管法です。練習すれば腕も上がりますし。一石二鳥‼

 

最近の記事

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP